【初参拝特集vol.4】越知分会

今回は、分会で初参拝の取り組みをしている「越知分会」に活動の紹介をしてもらいます。
越知分会では青年会らしく、まずは「やってみよう!」の精神で青年会の100周年活動に勢いを持って取り組まれています。
越知分会の熱い思いが、きっと教会を賑やかにしていく原動力になるはずでしょう。

目次

 

越知分会の取り組み

とりあえず、やってみよう!

昨年、教祖130年祭活動が終わり、越知分会は次の塚に向けて委員会メンバーを一新し、更なる活動を展開しようと模索していました。まもなく青年会長様よりお打ち出し頂いた「青年会創立100周年活動」を受け、私たちは「親孝行、夫婦仲良く」を合い言葉に、日々の陽気ぐらしの実践を全会員に促しました。求道面において会員の陽気ぐらしは少しずつ高まる一方、布教面においては年祭活動で功を奏したワンペロ※1に代わる布教推進のためのアイコンがなく、新委員会は早くも行き詰まっていました。

そんな8月の大教会月次祭の前日、例会にて「全分会布教推進週間、どうしよう?」と話し合っていた際、その場にいた会員で、創立100周年活動の展開イメージ(カラー刷りのカレンダー)と向き合いました。

「この、最後の方に予定されている『陽気ぐらしセミナー』をいち早く開催すれば、私たちが目指すべきところや、今の私たちに足りないものがはっきり見えてくるんじゃないか?」

「とりあえず、やってみよう!」

ということになり、ほとんど勢いに任せて準備を始めました。会場を九州、中四国、関西の3ブロックで全4会場(教会もしくは教務支庁)設けて、対象は越知大教会につながる青年会員、信者さんに、大急ぎで声掛けを行い、内容はシンプルに「青年会員によるアツい感話大会!」ということでリーダー層から弁士を選出し、発案から2週間程の突貫工事で、越知版の「陽気ぐらしセミナー」を開催するに至りました。

※1 ワンペロ普段なかなか分会活動に参加できない会員にも布教に参加してもらいやすいように、分会独自で作成したリーフレットを「ペロっと一枚でも良いから」と各会員に配布し、ポスティングしてもらうという活動。

 

 

「陽気ぐらしセミナー」の理想と現実

結果から言えば、急遽開催した行事でしたが、全会場合わせて約90名の方がお話を聴きに来てくださいました。内容が感話だけなので、その内容によって行事としての合否が決まるという緊張感で不安ばかりでしたが、会場は笑いあり感動ありの信仰感話で盛り上がり、参加された方にアンケートを取ると、「青年会員のアツい思いが伝わり、感動しました」「実体験のお話はわかりやすくて共感できた」「すぐに私も陽気ぐらしの実践をします」など、嬉しいコメントばかりが!

私たちはこの「陽気ぐらしセミナー」に、人前で話す喜びと手応えを感じ、「10年は続けよう!」「このハコは、初参拝者が教会に足を運ぶための新アイコンだ!」と、鼻息を荒くして次回の開催を計画しました。

しかしその後、聴き手を満足させ続けること、そしてこの行事を開催し続けることに対する、私たちの見立ての甘さを思い知らされました。

2回目を開催したとき、委員が教会長をつとめる教会に会場を設定し、その委員は「陽気ぐらしセミナーを契機に、初参拝者を!」と意気込んで、独自でチラシを作成し、夫婦で毎日一生懸命にをいがけに歩きました。が、当日ふたを開けてみると、初参拝者どころか、近くの信者さんでさえあまり集まらず、とても悔しい思いをしました。

 

あきらめない!

その委員もさぞ意気消沈したのではと思っていたのですが、

「こんなところであきらめません。必ずリベンジさせてください!」

と、結果を真摯に受け止め、何度でも挑戦しようという勇みが、彼の中から湧き上がってきました。

そもそもこの「陽気ぐらしセミナー」は、10年先を見据えて挑戦していること。まだまだ話医者として素人の私たちが、にわか仕込みの付け焼き刃で事を成して一喜一憂するより、会員一人ひとりが結果にこだわりつつも、ようぼくとして一歩ずつ成長することを長い目で見ながらやるべきだ、と心を新たにまた次の開催に乗り出しました。

そして9月に開催したセミナーでは、それまでの青年会活動が認められたのか、開催教会の部内教会長さん方の大きな協力を得ることができ、台風18号の影響で悪天候に見舞われつつも、80名を超える信者さん・青年会員さんにご来場頂きました。

初参拝者こそなかったものの、普段なかなか会えない会員さんや信者さんにも、弁士のアツい感話を聴いてもらう機会となり、また新しい風が吹きそうな予感です。

 

創立100周年に向けて

来年は陽気ぐらしセミナーも4会場で開催を予定しており、初参拝者をどんどんご守護頂くために、尚一層勢いを持って活動を展開していきます!

未熟な越知分会ですが、青年会長様のお導きのままに、一人でも多くの会員とともに、布教と求道に邁進させて頂きます。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コンテンツ

天理教青年会

〒632-0012
奈良県天理市豊田町 155
天理教青年会本部

TEL : 0743-63-4748
FAX : 0743-63-4081
MAIL : arakitoryo@tenrikyo-seinenkai.jp